一般的なご相談の内容と料金

相談内容 費用(税別)

初回面談とアドバイス(一時間以内)

5,000円

本相談

 ライフプラン作成(家計の見直し)

30,000円

本相談

 金融資産運用

 保険加入・見直し

 不動産の購入や住宅ローン

 相続と贈与

 リタイヤメントプラン

 教育資金計画

注:資産額1億円以上の場合、および特殊な内容を含む場合は個別に見積らせていただきます。

30,000円

一般的な実行支援の内容と料金

実行支援とその概要 費用(税別)

<相続・遺言作成関係支援>

相続対策・遺言作成コンサルティング

100,000円

相続対策・遺言作成に係るコンサルティングをいたします。相続対策の必要性や対策案をお客様と一緒に検討します。また、承継が必要な財産の調査のアドバイスも行います。対策として遺言の作成が必要な場合、遺言案文作成のコンサルティングを行うと共に、公正証書遺言作成に際しては公証人との調整も行います。これらのコンサルティングに際しては、必要に応じて弁護士、司法書士、税理士等と連携しつつ進めます。なお、KFSCでは弁護士法、税理士法等に抵触する行為は行いません。

(ただし、遺産額1億円以上の場合、および特殊な内容を含む場合は個別に見積らせていただきます)
(公正証書遺言作成時の証人立会 10,000円/人)

遺言執行

最低500,000円

遺言執行者として相続人等への遺言の開示、相続財産の調査および財産目録の作成・交付、遺産の名義変更、解約換金手続、不動産登記手続き等を実施または手続き支援をいたします。また、必要に応じて弁護士、司法書士、税理士等と連携しつつ進めます。

相続財産の資産運用に関する基本アドバイスを行います。

なお、KFSCでは弁護士法、税理士法等に抵触する行為は行いません。

相続財産が、

5,000万円以下 1.2%

5,000万円~1億円以下の部分 1.0%

1億円~3億円以下の部分 0.7%

3億円超の部分  0.4%

遺産の整理

遺言執行と同じ

被相続人が遺言を残しておられない時に、相続人および相続財産の調査、遺産分割協議・遺産分割協議書作成の支援、遺産の名義変更、解約換金手続、不動産登記手続き等を実施または手続き支援いたします。被相続人が遺言を残しておられて遺言執行者の執行が困難な場合も同様です。また、必要に応じて弁護士、司法書士、税理士等と連携しつつ進めます。なお、KFSCでは弁護士法、税理士法等に抵触する行為は行いません。

 

<民事(家族)信託関係支援>

民事信託設定コンサルティング 300,000円
財産の管理・承継対策に関するコンサルティングをいたします。財産の管理・承継対策の必要性や対策案をお客様と一緒に検討します。対策として信託の活用が必要な場合、信託設定に際し決めておきべき各項目、信託契約や遺言信託条項に関するコンサルティングを行うと共に、公正証書作成に際しては公証人との調整を、金融機関の信託口座開設に際しては金融機関との調整を行います。これらのコンサルティングに際しては、必要に応じて弁護士、司法書士、税理士等と連携しつつ進めます。なお、KFSCでは弁護士法、税理士法等に抵触する行為は行いません。 (ただし、信託財産額1億円以上の場合、および特殊な内容を含む場合は個別に見積らせていただきます)
受託者実務執行コンサルティング 120,000円/年
受託者になられた方、受託者である一般社団法人の理事・社員になられた方が、その後どのように任務を遂行していくかについての実務執行支援コンサルティングを行います。また、必要に応じて弁護士、司法書士、税理士と連携しつつ進めます。  

<成年後見関係支援>

成年後見申立コンサルティング

100,000円

家庭裁判所に法定後見、保佐、補助の申立をされるにあたっての申立支援、コンサルティングを行います。また、これらコンサルティングに際しては必要に応じて弁護士、司法書士、行政書士、税理士等と連携しつつ進めます。なお、KFSCでは弁護士法、税理士法等に抵触する行為は行いません。

(ただし、対象財産額1億円以上の場合、および特殊な内容を含む場合は個別に見積らせていただきます)

法定後見実務執行コンサルティング

120,000円/年
家庭裁判所から親族として成年後見人、保佐人、補助人に選任された方が、その後どのように任務を遂行していくかについての実務執行支援コンサルティングを行います。また、必要に応じて弁護士、司法書士と連携しつつ進めます。  

任意後見契約締結コンサルティング

(含 任意代理契約締結コンサルティング)

150,000円
任意後見契約、任意代理契約(財産管理委任契約)の必要性の有無や対策をお客様と一緒に検討します。対策として任意後見制度等の活用が必要な場合、任意後見人候補者との間での任意後見契約締結、任意代理契約締結に関するコンサルティングを行うと共に、公正証書作成に際しては公証人との調整も行います。また、これらのコンサルティングに際しては、必要に応じて弁護士、司法書士、税理士等と連携しつつ進めます。なお、KFSCでは弁護士法、税理士法等に抵触する行為は行いません。 (ただし、対象財産額1億円以上の場合、および特殊な内容を含む場合は個別に見積らせていただきます)
任意後見実務執行コンサルティング 120,000円/年
任意代理人になられた方、任意後見人になられた方が、その後どのように任務を遂行していくかについての実務執行支援コンサルティングを行います。また、必要に応じて司法書士と連携しつつ進めます。  

上記に記載の無い不動産の売買などの実行支援についても、お気軽にご相談ください。

★上記実行支援業務を遂行するに際し、弁護士、司法書士、税理士等の専門職との協働体制が必要となり、かつこれら専門職への報酬支払いが追加で必要になると考えられる場合、事前にお客様にその旨をご説明してご了解をいただくようにいたします。